長野県のキャンプ場

富士見パノラマリゾートでGoPro Camp 2018に初参加!

こんにちは!minoです。

現在2021年2月ですが、今日は2018年10月。
なんとも2年4か月前の遡り記事です(笑)

キャンプに行けない間(緊急事態宣伝中)にどんどん過去記事更新して現在に戻っていきたいと思います♪

さて、そもそもGoPro Campってなんぞや?と思う方もいらっしゃるかもしれないので、ちょっとだけご紹介。

出典:Gopuro

 

GoPro Campは、GoProが主催する国内最大規模のGoProユーザーを対象にしたイベントです。

第二回のこの時は、長野県諏訪郡富士見町を舞台に、キャンプを楽しみながら、MTB、パラグライダーなどGoProを使った撮影に適したアウトドアアクティビティも体験!

GoPro Official Trainerによるベーシックレクチャーで基礎からGoProを学べたり、GoPro Family Memberによるアドバンスドレクチャーも予定されていました。
※公式サイトより一部抜粋

うちでは、パパがもうかれこれ10年くらいになるGoProユーザー。
毎回新モデルが出るたびに購入している信者なのですが、1回目はまだ子供が小さすぎてキャンプイベントに行ける気がせず断念。

そしてこの2回目には2歳&3歳になっていた事もあって意を決して参戦してみたのです!

富士見パノラマリゾートでキャンプ?

富士見パノラマリゾートへは、今回はGoPro Campというキャンプイベントでお邪魔しましたが、恐らく普段はキャンプ場としては開放されていなそうです。

富士見パノラマリゾートHP:https://www.fujimipanorama.com/mtb/

一見スキー場のように見えますが、MTB(マウンテンバイク)のコースとして運営しているようです。

その為、いざキャンプに行く!となっても当然ながら事前情報はありませんでした(笑)


会場に到着して設営場所へ向かいます。

設営場所い向かいます?????

そう。
駐車場から結構離れていたので、テントから何から全てを運ぶ必要がありました(笑)

我が家は当時からフリーサイトにしか行けないような大型のテントと過剰装備だったので、パパは何往復もして大変そうでした(*´Д`)


とりあえずタープは諦めたっぽいけれど、なぜハンモックなんて持って行ったんだろう(笑)

まぁ、私は2歳児と3歳児の子守りで大変なのはパパだったけれども…

会場では常に音楽が流れていたり賑やか♪


至る所でGoPro…GoPro…GoProです。

普段はオートキャンプ場にしか行かないので、今やほとんど使うことがないカートを持って行っていたのがとっても役立ちました♪


初めて見るショーに興味深々な子供たち。

私はみんな同じカメラ(GoPro)を持って撮影している様子が異様な熱気で面白くって終始ニヤニヤ( *´艸`)

GoPro Campは協賛がすごかった♡

このGoPro Camp。
参加費にActivity Ticketというものが付いてくるんですが、それが様々なアクティヴィティの参加料として使えるんです。

しかし、我が家は子供たちが小さくってパラグライダーなんかも出来ないし…
使い道がなくってもったいない!と思っていたら、協賛で出展されていた飲食店でも使用が可能でした♪

GoPro Camp2018の参加費
●2泊3日 大人(中学生以上)15,000円/人
(GoPro x Helinox限定マグカップ付、Activity Ticket 1000円分x10枚付)
● 2泊3日 子供(小学生)10,000円/人
(GoPro x Helinox限定マグカップ付、Activity Ticket 1000円分x6枚付)
● 1泊2泊大人(中学生以上)11,000円/人
(GoPro x Helinox限定マグカップ付、Activity Ticket 1000円分x5枚付)
● 1泊2日 子供(小学生)8,000円/人
(GoPro x Helinox限定マグカップ付、Activity Ticket 1000円分x3枚付)

我が家でいうと、当時は子供たちは無料だったので大人2泊で30,000円。

参加費3万円って高い~!と最初は思っていたのですが、GoPro x Helinox限定マグカップ×2つもらえて、Activity Ticketがも合わせて2万円分。

つまり、実際のキャンプとしての参加費は1万円って感じ。

そう考えるとさほど高くはないよね♪


キャンプイベントで日本酒って珍しいですよね(*´ω`)

もちろん頂きました♪


しかも何杯か(笑)

そして馬刺しなんかもあったので、チケットで購入してテントで頂きました♡


翌日はお肉をチケットで購入。


これも地元協賛のお肉でとっても美味しかったー!

アクティヴィティのみでなく、こうやって食事にも使えたのは子連れの我が家にはとっても嬉しかったです。
(子供が参加できるようなアクティヴィティほとんどなかったので)

夜はGoPro Camp恒例イベント!

GoPro Campといえば、夜はGoPro界隈で有名な方のセミナーなどがありーの、最後にはプレゼント大会がありーの。

この時はパパにセミナー参加させてあげての私は子供たちとテントでまったりでした。


すごいなー!みんな真剣。

私たちはというと…


ホント、子供たちが小さいうちってテントが大きいといいんです。

初めての子連れキャンプ!テントって何を買えばいいの!? キャンプを始めよう!そう思い始めた直後に悩むのがテントではないでしょうか? 我が家もいざキャンプをするぞ!と思った後は何のテント...

寒い日には籠れるし、雨の日も籠れるし、かといって窮屈さもないしね。


そして子供たちを寝かしつけたとはまったり焚火タイム。

プレゼントが当たらなかったパパと一緒にまったり火を眺めます(笑)


うーーん。
このテント、今も現役なのにやっぱり2.3年前と今とで雰囲気が全然違うから面白いですね。

ギアがどんどん増えて我が家色が今は全開だからホント違って見える!

雲海ツアーに参加!

さてさて、参加できそうなアクティヴィティが残念ながらなかった我が家も雲海ツアーには参加してきました♪

まだ薄暗い中、子供たちも一緒に早起きしてゴンドラで向かいます。

この雲海が見られるかどうかは運しだい!

そして…


すっごーーーい!
綺麗に雲海が見られました♪

(もう2年半前に使い倒していたスマホの写真なので伝わらないのが残念…)


太陽が顔を出し切るまで見届けました。

そこからはトレッキングコースを散策します♪


最後は抱っこかなー…
と心配していましたが、子供たちは上がったり下がったりする道に大興奮!

無事にゴンドラまで戻り山を下ることが出来ました♪


帰ってから朝食です♪


何か雛鳥みたいだよねー(笑)
こういう時期も懐かしいなぁ…

この時は初めてのキャンプイベントでしかも2泊でと冷や冷やしながら参加したのですが、他の参加者さんたちもとっても優しくてフレンドリーで、子供たちも楽しめたしパパは普段インスタの中でしか繋がっていない有名なGoProユーザーの方たちとお話が出来て大満足だったようです。

こんな催しにも参加させて頂きました♪

ホットウィールというミニカーにGoProを乗せて超ロングコースで撮影。
matsumotoさんの動画に我が家も映ってますのでぜひ探してみて下さい(笑)


パパはGoProのアクセサリーあれやこれや買い集めてるもので、元々プレゼントしたのは私なんですが、もうアホか??と思っていたところに付き合いで参加したGoPro Camp。

やっぱり実際にすごい動画作っている方や素敵な写真撮られている方と会ってみると見方が変わります(笑)

もうこれは約2年半寝かせた記事ですが、最近ではここ子供たち楽しめていい写真撮れそうじゃない??というのがお出かけスポットを決める際の基準にもなっていたりします。

キャンプギア買いすぎて奥さんにうるさく言われちゃっているパパさんや、釣り道具だ何だ…もそうだと思いますが、反対勢を巻き込んで一度楽しい思いをさせてみるのも手かもしれませんね(笑)


翌年のGoPro Campも参加した我が家。

そのお話はまた2019年の遡り記事でご紹介していきます♪

※この時はGoProに興味関心がなかったので薄いレポですが、2019年はもう少し見ごたえがあるはず(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ABOUT ME
mino
3歳と5歳の男の子を育てるママです。 次男が生後7ヶ月から始めたキャンプにハマってしまい、 毎月新しいスポットに出向いては楽しんでいます。 子連れキャンプならではの楽しみや子連れキャンプの心構えなど! 経験したことを綴っていきます。