キャンプ場レポ

ここは東京!?大岳キャンプ場

こんにちは!minoです。

久々にキャンプに行ってきました♪2か月ぶり!
緊急事態宣言は解除されましたが、県をまたぐ移動は控えよう…といいつつ、我が家は東京でキャンプをしたことがない!!

必死に探して見つけたのはあきる野市…え?あきる野市???ってくらい奥地にある大岳キャンプ場です♪

早速キャンプ場レポとともに振り返っていきます♡

大岳キャンプ場詳細

グングン山道を登っていくとギョギョギョ!!!

こんな謎のトンネルが現れます。
私は事前に他の方のブログを拝見していたので戸惑いなく、『出た!噂のトンネル!』となりましたが、これ初めて見た人は本当にここ?と不安になるレベルです(笑)

ここを突き進んでくださいね♪

通り過ぎるとまた綺麗な山道が現れ、あっという間にキャンプ場に到着です♪
まずはキャンプ場の詳細情報から。

住所    東京都あきる野市養沢1587
電話    042-596-4201
定休日   木曜日(祝日の場合は休まず営業)
営業時間  9:00~17:00
チェックイン 12:00~17:00まで(季節により変更あり。要問合せ)
チェックアウト 10:00まで
HP:http://otakecamp.web.fc2.com/

チェックインは12時ピッタリで受付が始まるので、受付前に到着しても時間まで待機になります!

そして、上流サイトと下流サイトがこの受付・管理棟からそれぞれ上下に2~300メートル離れた場所にあるため、まるで別なキャンプ場です!

上流サイト

我が家は下流サイトだったので、徒歩で散策した写真でご紹介!

管理棟を出て坂を上っていきます♪
途中2つくらいこんな感じの橋を渡りました!

ね(笑)
もう全く別なキャンプ場みたいでしょ!
でもこの時期のソーシャルディスタンスを思えばありがたい限りです♪

出典:大岳キャンプ場

写真だと分かりづらいですが、上流サイトは広めです。

上流サイト詳細
収容目安4人用テントで約12張
・入場料500円(乳幼児含む)
・テント設営費1張 1500円
・タープ設営費1張1000円
・駐車代(バイク含む)1台1000円(場内場外すべて含む)
・キャンピングカー 1台4000円
・電源、電灯なし
・トイレ水洗
・直火可能(終了後、火の始末は確実に願います)
・花火不可(手持・打上共に不可)
・流し台あり 山の水
・薪・炭の持込不可(売店にてお買い求めください。)
・ペットの同伴 不可

上流サイトはトイレがありますが下流サイトにはありません…
薪も炭も持ち込みは不可とのことで、管理棟で購入になります。

下流サイト

下流サイトもまた管理棟から下っていくこと約300メートルです。

出典:大岳キャンプ場

なんか写真だとこっちのほうが広く見えますが、上流サイトの方が断然広いです!

下流サイト詳細
収容目安4人用テントで約8張
・入場料500円(乳幼児含む)
・テント設営費1張 1500円
・タープ設営費1張1000円
・駐車代(バイク含む)1台1000円(場内場外すべて含む)
・キャンピングカー 1台4000円
・電源、電灯なし
・トイレ 管理棟横のトイレを使用
・直火 可能(終了後、火の始末は確実に願います)
・花火 不可(手持・打上共に不可)
・流し台あり 山の水
・薪・炭の持込不可(売店にてお買い求めください。)
・ペットの同伴 不可

今回は残念ながらペット不可だったので、義両親にお願いしてきました。

早速設営!初めての車中泊キャンプ!

早速設営です♪
本来は川沿いにテントタープで崖沿いに車を置くように決められていますが、我が家は事前にキャンピングカーと伝えて予約をしており、どう設営したらよいか受付で確認すると、奥の方で他の車が出入りしないエリアなら車を止めて設営してOKとのことでしたのでこんな感じに位置取りました。

超ソーシャルディスタンス!
全体的にテントも密着せず皆さん余裕をもって設営出来ていました♪

サイトが狭かったので今回はタープなしの設営です。

うーーーん。
やっぱりカスタム可愛いなぁ(自惚れ)

設営も車中泊でタープも張らないとなると10分で完了!

早速ビールを頂きます♡

テント横で川遊び

そして川遊び♪

テントから川全体も見渡せるので(子供だけでは遊ばせませんが)迷子になることもなく安心。
川も見ての通りとっても浅く小さな子供も遊ばせやすい感じでした!

キャンプ飯

パパに子供たちはお願いして私は夕飯の支度を。

子供たちが好きなとうもろこしを焼いたり…

母ちゃんは早速おつまみを♡
スキレットで焼くと美味しいですよねー!

ビールが進みます!!
この日はスキレットを洗いたくなかったので、ホタテが終わった後そのままアヒージョをしました。

※コロナ対策で到着時にお水をくむ以外炊事場は使用しませんでした

ホタテの出汁が効いたバター入りのアヒージョです♪
これもうんまぁー♡

そして、やってみたかったダッチオーブン料理!!

家で前夜から仕込んできました♪
これを新じゃがと一緒にダッチオーブンにIN!!

なんやかんやと1時間近く焼きました。
結構時間かかるんですねー。

直火はOKでしたが、焚火台を使用して調理しました。
石だけ少しお借りしてます。

さて、おーーーープン!!

表面に焼き色付くまで待ったら少し底が焦げましたが上出来!
お味もバッチリでした♡

一番おいしいところは長男がしっかり頂きました♪

実はこの日。
痛恨のミスでテーブル忘れてきまして(笑)
まぁキャンピングカーだからいいんだけど…車内で食事は頂きました。

2か月も行っていないとやっぱりリハビリ必要ですねーーーー。

ここのキャンプ場は街灯もなく夜は真っ暗。
静かに夫婦で焚火の予定が、長男にポップアップルーフに誘い込まれまして、寝かしつけしつつ私も寝落ち…

ものすごく早い就寝となりました。

キャンプの朝ごはん

朝ごはんは定番のホットサンド!
と一緒に、前夜に残ったバゲットでオープンホットサンドも作りました。

こいつを上からバーナーで炙ったらもう最高に美味しかったー!

また新たな手抜き飯を見出してしまった気がするわ♡

この日も少し川遊びはしつつ、早々に撤収です!

釣り堀に寄り道

実は前日、釣り堀に寄っていこうと思っていたのですがものすごい人で諦めて別な川で遊んでからキャンプ場に向かっていました。

すると、帰りに覗いてみると朝だったこともあってか日曜日だったからかガラガラ。

子供たち念願の釣りをして帰ることにしました。
釣り堀がいくつもあるのですが、このスペースが貸し切り。

2人もバンバン釣るもんだから釣り堀の恐ろしさよ…
お魚は食べられる分だけしか釣っちゃダメだよ!釣るのは楽しくってもこの子たちは返せないんだからね!と伝え、犬たちを預かってもらっている義両親一家の分もお土産にすることにして8匹お持ち帰りしました♪

本来はその場で焼いて食べられたり、持ち帰る際にも内蔵処理はしていただけるのですが、この日はコロナ対策で全てなしでそのまま持ち帰ることになっていました。

はい、母ちゃんが帰宅後せっせと処理して義両親にお届け。
でも自分で釣ったお魚美味しかったねー!

2人ともとっても綺麗に頂きました♪

 

まだまだコロナも完全に終息したわけではないので、注意しなくてはならない点も多々ありますが、2か月も自宅で缶詰だった息子たち。

梅雨に入る前に遊ばせてあげたい!と都内で探していってきましたが、久しぶりにのんびり楽しめました。

我が家のキャンプでのコロナ対策

当たり前の事しかしていませんが、気を付けた点をまとめておきます。

・食材は家から持参(自宅付近で買っていく)
・アルコールスプレー、ハンドジェルの持参
・洗い物は全て持ち帰り
・小規模な予約制キャンプ場の選定
・予定も混み具合で切り替える(寄り道しないが一番)
・お風呂は諦める

本当は温泉でさっぱりして帰りたかったのですが、帰宅してゆっくりお風呂に入りました。

どこまでいっても完璧ということはないと思います。
ただ、通勤や保育園に行っている以上日常生活にもリスクはありますし、私たちの場合は近所の公園がもう密状態。

公園は行き場のない子供たちで溢れかえっているのもあり、緊急事態宣言解除と共に再開しました。

こちらのキャンプ場では、都内ナンバー以外の車両も見かけませんでした。
ニュースで色々見るのでちょっと意外でしたが、都内より都外の方が広大なキャンプ場はたくさんあるのでわざわざくる感じでもないのかな?

6月中は様子を見つつ気にしつつ夏の予定も考えて行こうと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
mino
3歳と5歳の男の子を育てるママです。 次男が生後7ヶ月から始めたキャンプにハマってしまい、 毎月新しいスポットに出向いては楽しんでいます。 子連れキャンプならではの楽しみや子連れキャンプの心構えなど! 経験したことを綴っていきます。